タイトル 収容所文学論
刊行日 2008年6月10日
著者 中島一夫
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0727-0
Cコード 0095
ページ数 334
判型 四六
製本 上製
内容
この息苦しい時代は「収容所」と呼ぶのに相応しい。気鋭が描く「収容所時代」を生き抜くための文学論。石原吉郎や志賀直哉、現代文学の旗手たちである村上春樹。そして現在の状況。縦横無尽の批評にする、闘うための「批評」の書。
著者紹介
中島一夫(なかじま・かずお)
1968年、石川県生まれ。早稲田大学大学院、教育学研究科修士課程修了。2000年に「媒介と責任―石原吉郎のコミュニズム」で新潮新人賞評論・ノンフィクション部門を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る