タイトル 口笛探偵局
刊行日 2013年2月20日
著者 仁木悦子 著/日下三蔵 編
定価 2,600 +税
ISBN 978-4-8460-1203-8
Cコード 0093
ページ数 352
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 仁木悦子少年小説コレクション
シリーズ番号 2
内容
誘拐事件の謎に挑むは我らが口笛探偵局!初単行本化の長編「口笛たんてい局」と短編11編に加え、エッセイも収めたボリュームたっぷりの一冊。
著者紹介
仁木悦子(にき・えつこ)
1928年東京都生まれ。4歳で胸椎カリエスと診断されて、歩行不能の生活を送る。20代半ばから執筆を始め、57年『猫は知っていた』で第3回江戸川乱歩賞を受賞。81年『赤い猫』で第34回日本推理作家協会賞短編賞を受賞。爽やかな読後感の作風で人気を博し、本格派女流推理作家の先駆けとなる。86年逝去。大井三重子名義で童話も発表。
関連書籍
ページ上部へ戻る