タイトル 名婦列伝
刊行日 2017年10月上旬刊行予定
著者 ジョヴァンニ・ボッカッチョ
定価 5500+税
ISBN 978-4-8460-1647-0
Cコード 0098
ページ数 424
判型 四六
製本 上製
内容
ラテン語による〈女性伝記集〉の先駆をなす傑作、ついに邦訳! ミネルヴァ、メドゥーサ、女流詩人サッポー、クレオパトラほか、神話・歴史上の著名な女性たち106名の伝記集。ラテン語の原典より本邦初訳。
著者紹介
訳者:瀬谷幸男(せや・ゆきお)
1942年生まれ。慶應義塾大学大学院修了。現在は主として、中世ラテン文学の研究・翻訳に携わる。主な訳書にA.カペルラーヌス『宮廷風恋愛について』、『完訳 ケンブリッジ歌謡集』、G.チョーサー『中世英語版 薔薇物語』、W.マップ他『ジャンキンの悪妻の書』、P.ドロンケ『中世ラテンとヨーロッパ恋愛抒情詩の起源』など多数。
目次
II アッシリアの女王セミラミスについて
XIII バビロニアの乙女ティスベについて
XXIV ヘラクレースの妻デイアニラについて
XXXV トロイアの王プリアモスの娘カッサンドラについて
XLII カルタゴの女王ディードーあるいはエリッサについて
LI イェルサレムの女王アタルヤについて
XLVII レスボス島の乙女にして女流詩人サッポーについて
LXI マケドニアの王妃オリュンピアスについて
XCII 皇帝ネロの母小アグリッピナについて
C パルミューラの女王ゼノビアについて etc.
関連書籍
ページ上部へ戻る