タイトル 四十面相クリークの事件簿
刊行日 2011年5月25日
著者 トマス・W・ハンシュー 著/鬼頭玲子 訳
定価 2,600 +税
ISBN 978-4-8460-1067-6
Cコード 0097
ページ数 432
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 95
内容
元怪盗、現在は名探偵。顔を自由に変えることができる怪人にして、謎の経歴を持つ紳士、四十面相ハミルトン・クリーク。J.D.カーが愛読し、江戸川乱歩が「怪人二十面相」のモデルにしたと言われるクリーク譚の第一作品集を初完訳。「ホームズのライヴァルたち」第五弾。
著者紹介
トマス・W・ハンシュー
1857〜1914。ニューヨーク、ブルックリン生まれ。俳優業ののち作家に転じ、おびただしい数の小説を執筆。結婚後に渡英し、ロンドンで没した。シャーロット・メアリ・キングズリイ名義の作品もある。

鬼頭玲子(きとう・れいこ)
藤女子大学文学部英文学科卒業。インターカレッジ札幌在籍中。
関連書籍
ページ上部へ戻る