タイトル 坪田宏探偵小説選
刊行日 2013年10月30日
著者 坪田宏
定価 3,600 +税
ISBN 978-4-8460-1276-2
Cコード 0093
ページ数 392
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 68
内容
デビュー作「茶色の上着」に始まる私立探偵・古田三吉シリーズを初集成。「下り終電車」や代表作「勲章」などアリバイ・トリックもののほか、謎解きと戦後世相を融合させた傑作集。短篇12作を収録。
著者紹介
坪田宏(つぼた ひろし)
1908(明41)年、愛知県生まれ。本名・米倉一夫。名古屋商業学校卒業後、文学を志し、同人誌活動に従事。その後、朝鮮半島に渡り鉄工所を経営。引き揚げ後は広島県呉市に在住し、終生その地で過ごした。「茶色の上着」が『宝石』49(昭24)年7月増刊号に掲載されてデビュー。翌50年、『宝石』100万円懸賞コンクールB級(中篇部門)に「非常線の女」を投じて、3等に入選。1954(昭29)年、癌のため歿した。
目次
茶色の上着

二つの遺書
非情線の女
義手の指紋
宝くじ殺人事件
下り終電車
勲 章
俺は生きている
引揚船
緑のペンキ缶
宝石の中の殺人

解題(横井 司)
関連書籍
ページ上部へ戻る