タイトル 増補新版 法王庁の避妊法(戯曲)
刊行日 2007年5月5日
著者 飯島早苗 著/鈴木裕美 著
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0627-3
Cコード 0074
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
内容
昭和5年、一介の産婦人科医・荻野久作が発表した学説は、世界の医学界に衝撃を与え、ローマ法王庁が初めて認めた避妊法となった。「オギノ式」誕生をめぐる、荻野センセイと彼をとりまく人々の愛らしくも滑稽な物語。
著者紹介
飯島早苗 (いいじま・さなえ)
脚本家。1982年、日本女子大学在学中に「自転車キンクリート」を結成。旗揚げよりほとんどの作品の脚本を担当する。近年は外部公演への執筆や映画等で幅広く活躍している。

鈴木裕美(すずき・ゆみ)
演出家。1982年、日本女子大学在学中に「自転車キンクリート」を結成。旗揚げよりほとんどの作品の演出を担当する。近年は外部演出も数多く手掛けている。第35回紀伊國屋演劇賞個人賞、第8回読売演劇大賞最優秀演出家賞受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る