タイトル 増補新版 詩的モダニティの舞台
刊行日 2009年1月30日
著者 絓秀美
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0697-6
Cコード 0095
ページ数 344
判型 四六
製本 上製
内容
日本近代詩から萩原朔太郎へ、戦後詩の鮎川信夫や田村隆二、68年の天澤退二郎や吉増剛造、寺山修司、そして現在へと至る詩人たちが、詩史論に収まりきらない「文学」や「批評」の問題として描かれる。
著者紹介
絓秀美(すが・ひでみ)
1949年新潟県生まれ。「日本読書新聞」編集長、日本ジャーナリズム専門学校講師などを経て、近畿大学国際人文科学研究所教授。
関連書籍
ページ上部へ戻る