タイトル 大河内常平探偵小説選Ⅰ
刊行日 2016年4月19日
著者 大河内常平
定価 3,600円+税
ISBN 978-4-8460-1520-6
Cコード C0093
ページ数 396
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 97
内容
私立探偵・来栖谷一平VS妖怪博士・蛭峰幽四郎。大河内ワールドの二大キャラクタ—が顔合わせ! 『探偵小説年鑑』にも採られた伝奇ミステリの代表作「ムー大陸の笛」や精選エッセイを収めた『大河内常平探偵小説選』第一巻。
著者紹介
大正14年生まれ。本姓・山田。別名・クルス速水。日本大学芸術学部卒業。進駐軍に勤務していた1950年、『宝石』主宰の100万円懸賞コンクールA級(長編部門)に「松葉杖の音」を投じ、最終候補となり、『別冊宝石』に掲載されてデビュー。同年、『オール読切』の懸賞に「吸血刀の惨劇」が当選。翌年から、風俗小説の味わいが強い作品を諸雑誌に発表。「与太公(よたこう)物語」以下のやくざもので独自の世界を開拓した。刀剣や軍装の研究でも知られ、刀工の世界に材を取った「刀匠」「安房国住広正」、戦争を背景とする「赤い月」「クレイ少佐の死」といった短編に結実した。伝奇的意匠の強い『九十九本の妖刀』は映画化された。他に、駐日米軍基地を舞台とする『腐肉の基地』、中央アフリカを舞台とする『黒い奇蹟』などの長編や、私立探偵・来栖谷一平の活躍を描いた『夜光る顔』『25時の妖精』などの作品集をまとめ、旺盛な筆力を示したが、昭和40年代に入って執筆は途絶えた。昭和61年歿。
目次
【創作篇】
夜光る顔
 地底の墓標
 姿なき犯罪
 脱獄囚と宝石
 消えた死体
 海底の金塊
 よごれた天使
25時の妖精
蛙夫人
ムー大陸の笛

【評論・随筆篇】
徒然探偵小説ノート
猛虎出庵
我が子まで
うつし世は夢
申し訳なし

解題(横井 司)
関連書籍
ページ上部へ戻る