タイトル 天皇論の大観
サブタイトル これからの國體觀のために
刊行日 2011年7月20日
著者 大熊信行
定価 1,000 +税
ISBN 978-4-8460-1071-3
Cコード 0036
ページ数 52
判型 四六
製本 並製
内容
昭和21年に刊行された、当時の天皇制をめぐるさまざまな論議を展望した小冊子を復刻。憲法や天皇制について改めて考える際の基礎資料として、また、関連する問題についての一次資料へのてびきとして活用できる。〔初版:山形縣社會教育協會出版係 昭和21年刊〕。
著者紹介
大熊信行(おおくま・のぶゆき)
1893年山形県米沢市に生まる。東京商大卒、英独米に留学。小樽高商、高岡高商教授を経て、昭和19年東北帝大講師。戦後、山形県地労委会長、富山大学教授(経済学部長)、神奈川大学教授(第二経済学部長)、創価大学教授を歴任。経済学博士。1977年没。
関連書籍
ページ上部へ戻る