タイトル 天草・逗子・鶴岡・そして終焉
刊行日 2014年4月25日
著者 喜多哲正
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-1322-6
Cコード 0093
ページ数 248
判型 四六
製本 上製
内容
評論集『挑発の読書案内』を世に問うた著者が、西洋近代の核心と対峙し、絶えずイロニーを意識しながら、寓意性を駆使し、実作者として30年の沈黙を破って書き下ろした珠玉の最新小説集。
著者紹介
喜多哲正(きた・てつまさ)
1937年、熊本県天草生まれ。早稲田大学在学中、学生劇団「自由舞台」で創作劇運動に参画。1960年、労働組合(全海連)の書記として勤務。1970年、劇作家別役実、有馬弘純、等と同人誌『季刊評論』を創刊。1981年同誌に発表した「影の怯え」で第86回芥川賞候補となる。
関連書籍
ページ上部へ戻る