タイトル 女たち。戦争。悦楽の劇
刊行日 2006年2月20日
著者 トーマス・ブラッシュ 著/四ッ谷亮子 訳
定価 1,200 +税
ISBN 978-4-8460-0592-4
Cコード 0074
ページ数 93
判型 A5変
製本 並製
シリーズ名 ドイツ現代戯曲選
シリーズ番号 6
内容
シェイクスピアを引用しつつ、欲望の業火に身をゆだねながら戦争を生き抜いた女たちの「語り」で、開かれたまま現在へと手渡される、兵士の網膜に焼きついた「いま・ここ」の暴力の普遍性を描く。
著者紹介
トーマス・ブラッシュ
1945年、イギリス生まれ。70年代初めから本格的に劇作に携わり、76年に東ドイツから西ドイツへ移住。代表作『ロッター』『メルセデス』を経て、チェーホフ、シェイクスピアの翻訳・改作を精力的に行う。2002年に東京国際芸術祭で上演された『リチャード二世』はブラッシュの翻案による。映画脚本、監督の仕事もある。2001年没。

四ッ谷亮子(よつや・りょうこ)
1966年生まれ。愛知県立大学外国語学部助教授。
関連書籍
ページ上部へ戻る