タイトル 宮沢賢治と法華経
サブタイトル 日蓮と親鸞の狭間で
刊行日 2015年3月28日
著者 松岡幹夫
定価 3000+税
ISBN 978-4-8460-1407-0
Cコード 0095
ページ数 312
判型 四六
製本 上製
内容
宮沢賢治は「彼岸性」の文学を創造し、日蓮よりも親鸞の思想に親和的な作品を多く残した。「『銀河鉄道の夜』の新解釈や本覚思想の影響など、従来見落とされていた問題に光を当て、賢治の仏教思想を現代に甦らせる。」(末木文美士)
著者紹介
1962年、長崎県生まれ。84年、創価大学教育学部卒。86年に日蓮正宗僧侶として得度。92年、日蓮正宗を離脱し、青年僧侶改革同盟を結成。2004年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。群馬大学非常勤講師などを経て、現在、東日本国際大学東洋思想研究所所長
関連書籍
ページ上部へ戻る