タイトル 封印の島
刊行日 2006年6月25日
著者 ピーター・ディキンスン 著/井伊順彦 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0665-5
Cコード 0097
ページ数 304
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 50
内容
ピブル警視のもとに届いた一通の手紙。差出人は彼の父親の元上司である、ノーベル賞を受賞した老科学者。内容はすぐに来いというものだった。ピブルが向かった先はスコットランドの西の海に浮かぶ孤島クラムジー島。そこには永遠の都の建設に盲進する教団があった…。二年連続でCWAゴールド・ダガー賞を受賞した逸材によるピブル警視シリーズの異色作。舞台設定が奇抜な作品で知られるディキンスンの手腕が遺憾なく発揮された本書は、ピブルの警察退職の事情も明らかになるファン必読の一冊。本邦初訳。
著者紹介
ピーター・ディキンスン 
1927年、ザンビア生まれ。イートン、キングズ・カレッジ、ケンブリッジといった名門校を卒業後、風刺雑誌『パンチ』の編集に携わる。1968年に発表されたピブル警視シリーズの第一作『ガラス箱の蟻』と、同シリーズの第二作『英雄の誇り』(69)で、二年連続CWAゴールド・ダガー賞を受賞。また、児童向けのファンタジー小説も多く発表している。/井伊順彦 1955年生まれ。早稲田大学大学院博士前期課程(英文学専攻)修了。英文学者。トマス・ハーディ協会、ジョウゼフ・コンラッド協会、バーバラ・ピム協会(いずれも英国)各会員。
関連書籍
ページ上部へ戻る