タイトル 小酒井不木探偵小説選
刊行日 2004年7月25日
著者 小酒井不木
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0422-4
Cコード 0093
ページ数 390
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 8
内容
少年科学探偵シリーズ、初の集大成! 医学者作家が夢を託した科学と勇気を武器にする謎解きの冒険譚。奇妙奇天烈なる犯罪の真相が解剖される探偵小説選。諸事情により中絶した「不思議の煙」を参考作品として収録する。
著者紹介
小酒井不木(こさかい・ふぼく)
1890(明23)年、愛知県生まれ。本名・光次。東京帝国大学医科大学を卒業後、大学院を経て、17(大6)年、東北帝国大学助教授に就任。衛生学研究の目的で欧米に留学し、20年に帰国するが健康不良のため退職。回復後、文筆活動を始め、『新青年』に評論・随筆を載せるようになる。25年からは医学的な専門知識を活かした創作も発表し始め、同時期から、ドイツ・北欧系の探偵小説を中心とした海外作品の翻訳紹介も行った。翻訳者として鳥井零水の筆名を用いた事もある。29(昭4)年肺炎のため死去。
関連書籍
ページ上部へ戻る