タイトル 希望を失わず
刊行日 2020年3月25日
著者 清水安三
定価 1500+税
ISBN 978-4-8460-1911-2
Cコード 0023
ページ数 292
判型 四六
製本 並製
内容
1948(昭和23)年に発行された桜美林学園の創立者・清水安三氏による『希望を失わず』を復刊。

教育者・牧師として中国に渡り朝陽門外に崇貞学園を創立。敗戦後、体一つで帰国し東京に学園を設立するまでの奇蹟の数々を書き下ろした半生記。

今回は改訂第五版(1951年発行)を現代かな遣いにした新装版。2021年に創立100周年を迎える同学園の出版記念事業でもある。
著者紹介
[著者]清水安三(しみず やすぞう) 桜美林学園創立者

1891年、滋賀県生まれ。中学時代に牧師ヴォーリズと出会い、同志社大学神学部に進学。

1917年、キリスト教の伝道者として中国へ渡る。

1921年、弱い立場にある少女のための実務教育機関・崇貞平民女子工読学校を朝陽門外に設立。当時、その教育姿勢が評価され、「北京の聖者」と称された。この間、米国オハイオ州オベリン大学に留学。

1939年、崇貞学園と改称。敗戦により北京政府に接収される。帰国後、後妻の清水郁子とともに東京郊外に学校法人桜美林学園を創立、「キリスト教精神に基づく国際人の育成」を建学の精神に掲げる。学びて人に仕えることを意味する「学而事人」は、清水安三が終生大切にした言葉であり、同学園のモットーとなっている。

1988年に逝去、享年96歳。
目次
「朝暘門外」地図

 序

「朝陽門外」から
中国に行く/崇貞学園の創立/富者のトラステイシップ/死して中国に行く/小泉郁子の参加/朝鮮服を着て

終戦まで
老北京/かえって恵まれた境遇/人生の辻々に立つマリア様/渡米の途上/ハワイの舌禍、筆禍/黄金の指輪二つ/使命のある者は殺されず/平和、平和のために/妻はれいご、己れは軟禁

終戦から引揚まで
八月十五日/「己が部屋」に祈る/中国の好人党/一応は帰国/北京の謡言/残留歎願書/学園の後始末/エホバ取り給う/ 形見の遺留品/名を中国に残して帰る/一千年の後まで/永遠の残留者・美穂/マナの奇蹟/転宅また転宅/山上の説教を地で行く/影膳を供える/英語による奉仕/我なんじを捨て得ず/同胞へのラストサービス/張大人の餞別/命あって帰れる喜び

桜美林物語
生くる望みを失う/ああ祖国日本/焼原に祈る/差し出されたる愛の手/桜美林学園設立/すべては神の摂理/応験/必要は進歩の母/学園史の第一ページ/教職員集まる/六月六日の開校式/破天荒の認可/幼虫を食う/白眼視、迫害の環境/きかれざりし祈祷/男女共学論/伝統的男女風俗/学園の特長/教育革命を提唱/神の国とその義/引揚げ後の崇貞学園
関連書籍
ページ上部へ戻る