タイトル 平林初之輔探偵小説選Ⅰ
刊行日 2003年10月10日
著者 平林初之輔
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0404-0
Cコード 0093
ページ数 352
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 1
内容
パリで客死する夭折の前衛作家が、社会矛盾の苦界にうごめく狂気を描く。昭和初期の本格派探偵小説を14編収録。現代仮名遣いを使用。
著者紹介
平林初之輔(ひらばやし・はつのすけ)
1892(明治25)年、京都府生まれ。1917(大正6)年早大英文科を卒業後、アテネ・フランセでフランス語を修める。1923(大正12)年、早大仏文科講師となる。1926(昭和元)年、博文館に入社、『太陽』の編集主幹となった。『太陽』廃刊後は、再び文筆に力を入れた。平林は以前より探偵小説に関心を抱いており、政治と文学に関する評論と並行して、江戸川乱歩の『新青年』に評論、翻訳、創作を発表した。1931(昭和6)年、早大留学生として、映画研究と国際文芸家協会大会出席のためにフランスへ渡ったが、出血性膵臓炎のためにパリで急死した。
関連書籍
ページ上部へ戻る