タイトル 幻の探偵作家を求めて 完全版 上
刊行日 2019年6月28日
著者 鮎川哲也
定価 3800+税
ISBN 978-4-8460-1693-7
Cコード C0095
ページ数 488
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ・ライブラリ
シリーズ番号 1
内容
羽志主水、潮寒二、渡辺温、独多甚九、大慈宗一郎、岩田賛、竹村直伸、大庭武年、九鬼紫郎、ほか。幻の探偵小説家や、その遺族を尋訪し、作家たちとの思い出やエピソードを綴る。

本格推理小説の第一人者、鮎川哲也氏による探偵作家尋訪記。

単行本未収録の番外編、エッセイを一挙収録。
著者紹介
鮎川哲也 著
1919年、東京生まれ。GHQ勤務の傍ら創作活動を行い、のちに専業作家となる。

晩年は新人作家発掘にも尽力した。2002年没。

長編作品の主要著書に『黒いトランク』、『憎悪の化石』、『黒い白鳥』(いずれも講談社)、『りら荘事件』(光風社、別題あり)、『白の恐怖』(桃源社)、『風の証言』(毎日新聞社)、『沈黙の函』(光文社)など。第13回日本探偵作家クラブ賞、第1回本格ミステリ大賞を受賞。

日下三蔵 編
1968年、神奈川県生まれ。専修大学文学部卒。

ミステリ・SF研究家、アンソロジスト、フリー編集者。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ各会員。

著書に『日本SF全集・総解説(早川書房)、『ミステリ交差点』(本の雑誌社)。主な編書に「日本SF全集」(全6巻、出版芸術社)、「ミステリ珍本全集」(全12巻、戎光祥出版)など。編書で『天城一の密室犯罪学教程』で第5回本格ミステリ大賞を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る