タイトル 延原謙探偵小説選Ⅱ
刊行日 2019年1月下旬刊行予定
著者 延原謙 著/中西裕 編
定価 予価3,800+税
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 117
内容
シャーロック・ホームズ物語の訳者として有名な延原謙の創作探偵小説集第2弾。前半は〈延原謙作品集〉として『延原謙探偵小説選』に収録しきれなかった作品(中編「幽霊怪盗」や昭和13年発表の戦争綺譚「片耳将軍」など)を収録し、後半は延原謙の妻・勝伸枝の作品を確認されている限り全て収録する〈勝伸枝作品集〉として構成しました。
著者紹介
延原謙(のぶはら・けん)
1892年、岡山県生まれ。本名謙(ゆずる)。早稲田大学理工科卒業。逓信省電気試験所勤務の傍ら外国雑誌に載った探偵小説を翻訳。それが森下雨村に見出され、翻訳家としてデビュー。早くから創作にも手を染め、「銀の小函」を第一作として数十作の短編を発表。戦後は翻訳に専心し、1952年にシャーロック・ホームズ・シリーズ個人全訳を完成。1977年、急性肺炎で死去。
目次
《延原謙作品集》
 カフェ・タイガーの捕物
 断片
 幸福
 尾行
 銀座冒険
 幽霊怪盗
 自殺
 紙上探偵入学試験
 富子の蝦蟇口
 カフェー為我井の客
 親愛秘曲
 毒盃
 片耳将軍
 少年漂流奇談

《勝伸枝作品集》
 墓場の接吻
 新青年料理二種
 嘘
 チラの原因
 これでいゝのかい
 モダン大学
 女学生読本
 コンニャン
 甘き者よ、汝の名は
 待つてゐる
 身替り結婚
 盲目物語

 ハガキ回答
 世間ばなし
 中国青年
 若松町時代
 アメリカ主婦の現実・日本主婦の夢

編者解題 中西裕
延原謙・勝伸枝著作目録
関連書籍
ページ上部へ戻る