タイトル 弓立社という出版思想
刊行日 2015年11月30日
著者 宮下和夫 著
定価 1,600円+税
ISBN 978-4-8460-1489-6
Cコード 0034
ページ数 224
判型 四六
製本 並製
シリーズ名 出版人に聞く
シリーズ番号 19
内容
徳間書店を退社した著者は1972年に弓立社、吉本隆明の講演集『敗北の構造』を刊行して出版業界へ鮮烈に登場した。投げ込み冊子「風信」と弓立社の理念とは。吉本隆明と伴走した小出版社の軌跡を語る。
著者紹介
宮下和夫(みやした・かずお)
1942年、神戸生まれ、愛媛県育ち。学習院大学仏文科卒。学研、主婦と生活社を経て、徳間書店へ入社。退社後、1972年に弓立社を設立し、2008年で出版業を停止。2011年に友人へ無償で弓立社を提供して引退。2014年より、『吉本隆明〈未収録〉講演集』(筑摩書房)『「反原発」異論』(論創社)などの吉本隆明の遺著を編集し始める。
関連書籍
ページ上部へ戻る