タイトル 恋愛と贅沢と資本主義
刊行日 1987年7月25日
著者 ヴェルナーゾンバルト 著/金森誠也 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0008-0
Cコード 1033
ページ数 303
判型 四六
製本 上製
品切れ
内容
著者はM・ウェーバーと並び称された経済史家である。ウェーバーが資本主義成立の要因をプロテスタンティズムの禁欲的倫理に求めたのに対し、著者は贅沢こ そそのひとつと結論づけた。贅沢の背景には女性がいて、贅沢は姦通や蓄妾、売春と深く結びついていたというのである。かくて著者は断ずる。「非合法的恋愛 の合法的な子供である奢侈は、資本主義を生み落とすことになった」と。
著者紹介
ヴェルナーゾンバルト
1863~1941。ドイツの経済学者、社会学者。ベルリン商科大学教授、ベルリン大学教授を歴任。

金森誠也(かなもり・しげなり)
1927年、東京生まれ。東京大学文学部卒業。広島大学・静岡大学・日本大学等の教授を歴任。日本独学史学会賞受賞(1993年)。
関連書籍
ページ上部へ戻る