タイトル 恐怖の島
刊行日 2014年6月30日
著者 サッパー 著/松下祥子 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-1330-1
Cコード 0097
ページ数 312
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 123
内容
ロンドンの空き家で射殺された青年が残した宝の地図。南米沖の孤島に埋蔵された宝物を手にするのは誰だ! 英国と南米を舞台に展開されるサッパーの長編冒険小説を74年ぶりに完訳。
著者紹介
サッパー
本名ハーマン・シリル・マクニール。本名ハーマン・シリル・マクニール。1888年、英国コーンウォール州ボドミン生まれ。チェルトナム・カレッジを卒業後、士官学校へ入学し、1907年に英国陸軍工兵隊少尉となった。軍務と並行して創作活動を行っており、15年にはReminiscences of Sergeant Michael Cassidyを故国の日刊紙《デイリー・メール》に発表している。第一次大戦後、正規軍を退いて予備軍少佐となってからは本格的な作家生活に入り、私立探偵のロナルド・スタンディッシュや冒険家のジム・メイトランドを主人公にしたシリーズ物の小説を多数発表。なかでも、退役軍人のブルドック・ドラモンドのシリーズは人気が高く、オリジナルストーリーの映画も製作された。1937年死去。
関連書籍
ページ上部へ戻る