タイトル 恐慌論
刊行日 2007年7月30日
著者 いいだもも
定価 13,000 +税
ISBN 978-4-8460-0678-5
Cコード 0033
ページ数 1487
判型 A5
製本 上製
内容
先駆者・宇野弘蔵の恐慌論を吟味しつつ、マルクス資本論体系の内在的把握を試み、シュンペーターら近代経済学の成果をも大胆に取り入れ、新たな“恐慌論”の創出をめざす世界変革の書。
著者紹介
いいだもも
飯田桃。1926年、東京生まれ。東大法学部卒。
関連書籍
ページ上部へ戻る