タイトル 悪魔の栄光
刊行日 2006年5月25日
著者 ジョン・エヴァンズ 著/佐々木愛 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0661-7
Cコード 0097
ページ数 280
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 46
内容
シカゴの私立探偵ポール・パインのもとに一件の依頼が舞い込んだ。依頼主はカトリック教会の司教。ある男を探し出してほしいという。驚いたことに、その男は存在しないはずのイエス・キリストの自筆文書を持っているというのだった。パインは、往年の大ギャングや美しき未亡人、謎の怪人が入り乱れる争奪戦に巻き込まれていく…。正統派ハードボイルドの名手ジョン・エヴァンズによる『栄光』シリーズの第二作。半世紀の時を経てついにヴェールを脱ぐ。
著者紹介
ジョン・エヴァンズ 
1907〜99。本名ハワード・ブラウン。アメリカ、ネブラスカ州生まれ。私生児として生まれ。少年時代を感化院や養父母のもとで暮らした。高校中退後、シカゴでさまざまな職に就くかたわら、パルプ・マガジンに投稿する。1941年に『マンモス・ディテクティヴ』誌の編集を任されたのを皮切りに、数誌の編集長を歴任。46年にポール・パイン・シリーズ第一作目の『血の栄光』を発表。正統派ハードボイルドの名手として活躍する。後年はハリウッドでテレビや映画のシナリオを書いた。85年、アメリカ私立探偵作家クラブからジ・アイ賞(功労賞)が贈られた。『夜に消える』(65)など、本名名義での作品もある。

佐々木愛(ささき・あい)
1973年生まれ。北星学園女子短期大学英文学科卒。
関連書籍
ページ上部へ戻る