タイトル 愚者は怖れず
刊行日 2006年2月20日
著者 マイケル・ギルバート 著/ 横井敬子 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0657-0
Cコード 0097
ページ数 328
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 42
内容
配達されない荷物。馴染みの食堂のいざこざ。荒みきった元教え子の警官…。推理作家志望のパブリックスクール校長ウェザロールは、持ち前の正義感と好奇心が災いし、身の回りで起こる数々のトラブルに首を突っ込んでしまう。挙げ句、深みにはまったところで目の当たりにした恐るべき事実とは?英国ミステリ界の巨匠、マイケル・ギルバートが戦後社会のひずみを描破した社会派スリラーの逸品。ミステリ評論家のA・E・マーチによって称賛された初期作品、本邦初訳。
著者紹介
マイケル・ギルバート
1912年、イングランド・リンカンシャー州生まれ。ロンドン大学で法律を学ぶ。第二次大戦中は英国騎馬砲兵隊として従軍。戦中、捕虜となった際に読んだシリル・ヘアー著『法の悲劇』(1942)に刺激を受ける。戦後すぐにデビュー作『Close Quarters』(47)を発表。その後「ヘイズルリッグ警部」シリーズにはじまる長編を発表するかたわら、事務弁護士としても活躍。英国の保護下にあったバーレーン政府の法律アドバイザーを務め、レイモンド・チャンドラーの顧問弁護士でもあった。また、ヘアーの死後、彼の短編集『Best Detective Stories of Cyril Hare』(59)を編纂したこともよく知られている。現在までに長編およそ30作と多数の短編を発表し、MWAグランドマスター賞(87)、CWAダイヤモンド・ダガー賞(94)を受賞しているミステリ界の重鎮。

横井敬子(よこい・あつこ)
上智大学文学部卒業。インターカレッジ札幌在籍中。札幌市在住。
関連書籍
ページ上部へ戻る