タイトル 戦争と紛争をなくすには、世界連邦政府を樹立する以外にない
サブタイトル 同時に世界の多くの課題も解決される
刊行日 2020年1月17日
著者 西村峯満
定価 800+税
ISBN 9784846019020
Cコード 0136
ページ数 196
判型 -
製本 -
内容
人類は地球上で最も賢い動物である。しかし逆に人類は地球上で最も愚かな動物でもある。

この世界に危機感を覚えた著者による、世界救済の提案。

現代文明は、地球資源を食い尽くす文明であり、いつか崩壊することを前提にした文明であり、砂上の楼閣を一生懸命築いてきたことになります。近代文明とはなんだったのでしょうか?(本文より)
著者紹介
西村峯満(にしむら・みねみつ)

長野県千曲市に生まれ、10 歳の時に社長を志し、13 歳の時にキューバ危機が勃発し、この時に「人は幸せを求めているのに、なぜ悲惨な戦争が起きるのだろう?」さらに「どうしたら世界平和が実現できるのだろうか?」真剣に悩み続けました。高校卒業後地元の医療機器メーカーに勤務して25 歳で起業し、乳酸菌飲料の販売、健康食品の販売を経てイギリス生まれのマイクロダイエットに出会い、年商500 億円規模の事業に育て上げました。7 年間の闘病生活を乗り越え、航空機リース事業、全国に太陽光発電事業を立ち上げ、現在は世界平和の実現に向けて奔走しております。

サニーヘルス株式会社 会長
ハッピー&ラッキー株式会社 代表取締役社長
目次
[1] 世界連邦政府を樹立することで、全ての問題が解決する
[2] 地球の天然資源が枯渇してしまう
[3] 地球温暖化で海面が上昇する
[4] 大気汚染でCO2が増えていく
[5] 海がプラスチックで溢れる。マイクロプラスチックが世界の海を汚染する!
[6] AIの普及により、失業者が急増する
[7] なぜ人は愚かにも戦争を起こすのでしょうか?
[8] どうしたら戦争のない平和な世界が作れるのでしょうか?
[9] どのようにして世界の法律を作るのですか?
[10] 愚かなのは政治の世界だけ
[11] 権力者を拘束する法律が必要になる
[12] 世界の政治家の平和意識が低い
[13] 軍備を持つことが本当に国民を守ることでしょうか?
[14] 経済制裁という新しい最強の武器を行使せよ
[15] アインシュタインの平和への願い
[16] 今、世界の政治体制の何が問題となっているのか?
[17] 中国の脅威の解消
[18] 平和への具体的な展開の方法
[19] 荒唐無稽な話に聞こえますが
[20] 世界連邦政府案
[21] 戦争を起こす本当の原因
[22] 経済が全てでしょうか? GDPに代わる価値観を!
[23] 貧困問題をどのように解決するのか
[24] 企業経営者の偉大な使命
[25] 終りに
関連書籍
ページ上部へ戻る