タイトル 戯伝写楽
刊行日 2018年1月19日
著者 中島かずき
定価 1,600+税
ISBN 978-4-8460-1697-5
Cコード 0074
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 K.nakashima Selection
シリーズ番号 Vol.29
内容
写楽は女だった!? 
  
 時は寛政六(1794)年、江戸の街に突如として現れ、たった10ヶ月の間に145点余りの作品を残し、忽然と姿を消した東洲斎写楽。迫力ある大胆なその役者絵は、多くの民衆の心を惹きつけ、瞬く間に人気絵師の仲間入りを果たすが……。
謎多き浮世絵師と個性あふれる人々を生き生きと描くヒューマンドラマ!
著者紹介
中島かずき(なかしま・かずき)
1959年、福岡県生まれ。舞台の脚本を中心に活動。85年4月『炎のハイパーステップ』より座付作家として「劇団☆新感線」に参加。以来、“いのうえ歌舞伎”と呼ばれる物語性を重視した脚本を多く生み出す。『アテルイ』で2002年朝日舞台芸術賞・秋元松代賞と第47回岸田國士戯曲賞を受賞。

関連書籍
ページ上部へ戻る