タイトル 探偵サミュエル・ジョンソン博士
刊行日 2013年11月15日
著者 リリアン・デ・ラ・トーレ 著/中川みほ子 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-1277-9
Cコード 0097
ページ数 352
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 111
内容
18世紀のイギリスを舞台に文豪サミュエル・ジョンソン博士が難事件に挑む。史実に基づく描写が高く評価され「クイーンの定員」に選出された歴史ミステリの先駆的シリーズ。原書全四巻から厳選した日本独自編纂の傑作選!
著者紹介
リリアン・デ・ラ・トーレ
1902‐1993。本名リリアン・マッキュー。アメリカ、ニューヨーク生まれ。ニュー・ロッケル・カレッジ卒業後、高校教師を務めながらコロンビア大学などで博士号を取得。1932年に結婚した後、コロラド大学の講師を経て、1942年から作家生活にはいった。一時期、二十世紀フォックス社でテクニカル・アドバイザーをしていたこともある。1945年発表の長編『消えたエリザベス』で作家としての地位を確立。歴史や犯罪の研究に情熱を注ぎ、The Heir of Douglas(52)、The Truth About Belle Gunness(55)と併せ、合計三作の長編を発表している。実在事件を考証する歴史ミステリを得意とし、自らを「歴史の探究者」と称した。1979年、アメリカ探偵作家クラブの会長に就任。歴史上の人物を探偵役にした趣向の先駆をなすサミュエル・ジョンソン博士探偵譚は全33編が書かれ、本書には厳選した9編を収録している。

中川みほ子(なかがわ・みほこ)
神奈川県出身。立教大学文学部史学科卒業。英米文学翻訳家。他名義による邦訳書あり。
関連書籍
ページ上部へ戻る