タイトル 断崖は見ていた
刊行日 2005年3月20日
著者 ジョセフィン・ベル 著/上杉真理 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0527-6
Cコード 0097
ページ数 338
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 14
内容
富豪一家を襲った連続怪死事件! 不可解な事故死を遂げた人々は、果たして殺されたのか。『ロンドン港の殺人』以来、約半世紀ぶりとなるベルの長編邦訳。
著者紹介
ジョセフィン・ベル
本名ドリス・ベル・コリアー・ボール。英国、マンチェスター生まれ。ケンブリッジ大学を卒業後、ロンドン大学で医学博士の学位を得て医者となり、夫とともに開業する。デビュー作Murder in Hospital(1937)では医学知識が活かされており、スティーヴン・ミッチェル警部も登場する。59年から60年にかけて、イギリス推理作家協会(CWA)の会長を務めた。
関連書籍
ページ上部へ戻る