タイトル 新編 天才監督 木下惠介
刊行日 2013年5月30日
著者 長部日出雄
定価 3,000 +税
ISBN 978-4-8460-1247-2
Cコード 0095
ページ数 576
判型 四六
製本 上製
内容
戦争の記憶、創作の舞台裏、松竹との訣別、TVドラマへの進出、幻と消えた大作……。多くの名画を世に送りだし、黒澤明と人気を二分した木下惠介の実像に迫る傑作評伝。全49作品のスチール写真と詳細な年譜を収録した決定版。
著者紹介
長部日出雄(おさべ・ひでお)
1934年、青森県弘前市生まれ。早大文学部中退。週刊誌記者、フリーライター、映画評論などの仕事を経て、小説を書き始める。70年から一時帰郷して書いた『津軽世去れ節』『津軽じょんから節』で73年に直木賞、80年に『鬼が来た棟方志功伝』で芸術選奨文部大臣賞、2003年に『桜桃とキリストもう一つの太宰治伝』で大佛次郎賞と和辻哲郎文化賞を受賞。
関連書籍
ページ上部へ戻る