タイトル 新装版 思想としての右翼
刊行日 2007年8月30日
著者 松本健一
定価 3,000 +税
ISBN 978-4-8460-0320-3
Cコード 0095
ページ数 320
判型 四六
製本 上製
内容
右翼はいかに成立したのか。右翼思想の核心とはなにか。思想としての右翼を、人物、歴史、事件、概念から紐解き、そしていまなにが必要とされているのかを問う、時代を震撼させた松本健一の記念碑的著作の新装版。
著者紹介
松本 健一(まつもと・けんいち)
1946年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒。71年、『若き北一輝』を上梓、近代日本思想史に新鮮な衝撃を与える。以後、在野の精神を基軸に、政治、思想、文学など、広範な領域で評論活動を展開。95年アジア太平洋賞、2005年司馬遼太郎賞、毎日出版文化賞などを受賞 。
関連書籍
ページ上部へ戻る