タイトル 方法としての演技
サブタイトル ニーチェの唯物論
刊行日 2011年5月30日
著者 ペーター・スローターダイク 著/森田数実ほか 訳
定価 2,600 +税
ISBN 978-4-8460-0803-1
Cコード 0010
ページ数 272
判型 四六
製本 上製
内容
演じる思想家・ニーチェのドラマトゥルギー的方法論とはなにか。ニーチェの付けたさまざまな仮面のもとで現れる、ディオニュソス的唯物論。
著者紹介
ペーター・スローターダイク
1947ー。ドイツ・カールスルーエ生まれの哲学者。1976年に『文学と人生経験の組織化。1918ー33年ヴァイマル共和国における自伝ジャンルの理論と歴史』で学位取得。1978ー80年にインド滞在。1992年からカールスルーエ造形芸術大学教授、2001年から同学長。パリ、ニューヨーク、チューリヒでも客員講師等。

森田数実(もりた・かずみ)
東京学芸大学教授。専門はドイツ社会学史、フランクフルト学派の社会理論研究。

中島裕昭(なかじま・ひろあき)
東京学芸大学教授。専門は現代ドイツ演劇・文学、演劇教育、パフォーマンス研究。

若林恵(わかばやし・めぐみ)
東京学芸大学准教授。専門はドイツ語圏文学・文化。

藤井佳世(ふじい・かよ)
鎌倉女子大学講師。専門は教育哲学・思想、学校論、コミュニケーション研究。
関連書籍
ページ上部へ戻る