タイトル 旅に出て世界を考える
刊行日 2004年4月30日
著者 宇波彰
定価 2,400 +税
ISBN 978-4-8460-0304-3
Cコード 0010
ページ数 276
判型 A5
製本 上製
内容
越境者の目で「日本から世界」を見つめ、「世界から日本」を見つめる果てしない思考のクロニクル。『千年紀文学』『情況』『新日本文学』などに連載発表されたエッセイをまとめ、書き下ろしを加えて単行本化する。
著者紹介
宇波彰(うなみ・あきら)
1933年、浜松生まれ。著書に『力としての現代思想』(論創社)、『記号論の思想』(紀伊国屋書店)、『同時代の建築』(青土社)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る