タイトル 日本文学と『法華経』
刊行日 2000年7月30日
著者 西田禎元
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0256-5
Cコード 0095
ページ数 248
判型 四六
製本 上製
内容
仏教本来の主題である、個人の悟りや救いのよりどころとして、上代の昔から尊重されてきた「法華経」。「古事記」から宮沢賢治に至る日本文学に、法華経観の変遷がどのようにみられるかを探る。
著者紹介
西田禎元(にしだ・ただゆき)
1942年福島県生まれ。東北大学卒業。現在、創価大学文学部教授。専攻は平安朝文学、比較文学。著書に「更級日記研究序説」ほか。
関連書籍
ページ上部へ戻る