タイトル 昭和の天一坊伊東ハンニ伝
刊行日 2003年8月1日
著者 河西善治
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0335-7
Cコード 0023
ページ数 250
判型 四六
製本 上製
内容
昭和初期、株売買で莫大な金を手中に収めてマスコミの世界に彗星の如く現われた風雲児・ハンニは、シュタイナーの理想を一途に掲げ川島芳子、大宅壮一、藤山一郎を“魅惑”する!自称、東洋のモンテ・クリスト伯、知られざる大詐欺師の正体。
著者紹介
河西 善治(かさい・よしはる)
1946年生まれ。長野県出身。中央大学中退。人智学出版社代表。70年代半ばからドイツの思想家ルドルフ・シュタイナーの翻訳出版活動を始め、80年代には西ドイツ緑の党、ミヒャエル・エンデ、ヨーゼフ・ボイスなどの紹介を行う。90年代前半には「いじめバスターズ」としていじめ問題に取り組み、97年には神戸酒鬼薔薇事件の犯人像をいち早く的中させ事件の解決に貢献する。
関連書籍
ページ上部へ戻る