タイトル 最後の証人 下
刊行日 2009年2月25日
著者 金聖鍾 著/祖田律男 訳
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-8460-0891-8
Cコード 0097
ページ数 354
判型 四六
製本 上製
内容
1973年、韓国で起きた2つの殺人事件。孤高の刑事が辿り着いたのは朝鮮半島の悲劇の歴史だった…。「憂愁の文学」と評される感涙必至の韓国ミステリー。
著者紹介
金聖鍾(キム・ソンジョン)
1941年中国山東省済南市生まれ。韓国の全羅南道で育つ。現在、韓国推理作家協会会長。69年、短編小説「警察官」で文壇デビュー。74年、『最後の証人』が『韓国日報』紙に連載され、大反響を巻き起こす。以後、本格的に推理作家としての活動を開始し、現在韓国のミステリー界では巨匠的存在。大作『黎明の瞳』全10巻がMBCの大河TVドラマとして91年に放映されるなど、TVドラマや映画になった作品も多数ある。92年、釜山市内に推理文学館を建て、推理関係図書を中心に約4万冊の蔵書を収集し、322席の閲覧席を設けている。釜山市在住。

祖田律男(そだ・りつお)
関連書籍
ページ上部へ戻る