タイトル 木々高太郎探偵小説選
刊行日 2010年6月30日
著者 木々高太郎
定価 3,400 +税
ISBN 978-4-8460-0919-9
Cコード 0093
ページ数 528
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 46
内容
幻の連作長編「風水渙」全8話完全版を戦後初刊行!「知恵の勝利を描いた文学」までの軌跡をたどる傑作集。
著者紹介
木々高太郎(きぎ・たかたろう)
1897(明30)年、山梨県生まれ。本名・林髞・別名・佐和(石和)浜次郎・林久策。1915(大4)年、中学卒業後に上京して詩人の福士幸次郎に師事した。24年、慶応義塾大学医学部卒業。32(昭7)年に留学し、パブロフの許で条件反射学の実験に従事。帰国後の34年、海野十三の勧めで書いた「網膜脈視症」が『新青年』に掲載され、探偵文壇にデビュー。「就眠儀式」(35)「文学少女」(36)などの力作を発表。36年には甲賀三郎と探偵小説芸術論を戦わせ、文学上の旗幟を鮮明にした。
関連書籍
ページ上部へ戻る