タイトル 未来への提言
サブタイトル 福島みずほ対談集
刊行日 2011年9月10日
著者 福島みずほ ほか
定価 1,400 +税
ISBN 978-4-8460-1075-1
Cコード 0036
ページ数 264
判型 四六
製本 並製
内容
原発問題、日米関係、そして未来へ向けてのメッセージ。「いま、これだけは言っておきたい」―福島みずほと11人の個性的な論客たちによる刺激にみちた対談集。感性豊かな社民党党首が、各界の知者から新しい社会への希望と知見を引き出す。
著者紹介
福島みずほ(ふくしま・みずほ)
1955年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。社民党党首、参議院議員、第二東京弁護士会所属の弁護士。2009年9月~2010年5月、3党連立政権に加わり内閣府特命担当大臣を務める。環境・人権・男女平等・平和・雇用を五本柱に据え、DV防止法や児童虐待防祉法、労働者派遣法の改正、脱原発と自然エネルギー促進法案の実現などに取り組んでいる。
関連書籍
ページ上部へ戻る