タイトル 本の窓から
サブタイトル 小森収ミステリ評論集
刊行日 2015年9月1日
著者 小森収
定価 2400+税
ISBN 978-4-8460-1443-8
Cコード 0095
ページ数 400
判型 四六
製本 上製
内容
都筑道夫、植草甚一、瀬戸川猛資。先人の評論・研究を読み尽くした気鋭の評論家による21世紀のミステリ評論。横溝正史「獄門島」の読みどころとは? 「モルグ街の殺人」の本当の仕掛けとは? その答えは本書にある。
著者紹介
1958年福岡県門司市(現・北九州市)生まれ。書籍編集者。作家。評論家。その他の出版関連業務も請け負う。著書に『土曜日の子ども』『終の棲家は海に臨んで』『はじめて話すけど…』など。ミステリ評論の編書もある。
関連書籍
ページ上部へ戻る