タイトル 桜田十九郎探偵小説選
刊行日 2014年5月30日
著者 桜田十九郎
定価 3,600 +税
ISBN 978-4-8460-1325-7
Cコード 0093
ページ数 320
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 75
内容
極東の俠骨児、世界を股にかけた大活躍!時局下の『新青年』を彩った怪奇とスリルとロマンの国際冒険小説文士村長による異境ものを初集成!
著者紹介
桜田十九郎(さくらだ・とくろう)
1895(明28)年、愛知県生まれ。本名・福井穣。別名・浮世夢平、浮世夢介。東京帝国大学医学部中退。1933(昭8)年から、『サンデー毎日』の実話募集に投稿を始め、桜田十九郎、浮世夢平などの名義で入選。35年には、『サンデー毎日』主宰の第16回大衆文芸募集に「幇間の退京」(浮世夢介名義)が入選して小説家としてデビュー。37年に桜田名義の「鉄の処女」が、38年には同じく「燃えろモロツコ」が、『モダン日本』の懸賞小説に当選。
目次
鉄の処女
燃えろモロッコ
髑髏笛
めくら蜘蛛
女面蛇身魔
呪教十字章
沙漠の旋風
五時間の生命
蛇顎龍の寝床
屍室の怪盗
悪霊の眼
唖の雄叫び
魔女の木像
落葉の岩窟
恐怖の水廊

青龍白虎の闘争
哀恋佃夜話
幇間の退京
夏宵痴人夢

解題(横井 司)
関連書籍
ページ上部へ戻る