タイトル 検証 南兵庫大震災 '95・1・17
刊行日 1995年7月25日
著者 渡辺好庸
定価 1,500 +税
ISBN 978-4-8460-0029-5
Cコード 0036
ページ数 256
判型 四六
製本 並製
内容
震災から半年。たった20秒で失われた都市の機能は次第に回復しつつあるように見える。が、未だ不自由さの中から脱出できない人は数多い。本書は、被災者を人間として見る暖かさをもって震災を検証し、復興への道を考える。
著者紹介
1951年生まれ
埼玉大学経済学部卒業 社会科学研究者、NPO法人役員、会社役員
[著書]『やめられない日本の原発』社会科学研究所(1989年)、『検証・南兵庫大震災』論創社(1995年) [編著書]『天皇学事初め』論創社(1990年)『現代と朝鮮・上』緑風出版(1993年)[主要論文]「純粋資本主義想定と原理論」『閃光』創刊号(1972年)、「商品形態論の生成」『唯物論』第25号(1983年)、「『足と靴』の問題性と福祉拡充運動」福岡県立大学生涯福祉研究センター研究報告叢書Vol.27(2006年)

関連書籍
ページ上部へ戻る