タイトル 楽しき没落
サブタイトル 種村季弘の綺想の映画館
刊行日 2004年11月20日
著者 種村季弘
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0487-3
Cコード 0074
ページ数 230
判型 四六
製本 上製
内容
種村季弘の思索の原点が、少年期を過ごした池袋と映画をとおして語られる。初期評論を含む自選の映画エッセイとロングインタビューを収録。映画という祝祭空間に映しだされる種村ランド。
著者紹介
種村季弘(たねむら・すえひろ)
1933年、東京・池袋生まれ。独文学者、評論家。文学・美術・博物誌・地誌旅行・書誌など、アカデミズムの枠を超越した知的宇宙を構築する。その一方、洒脱で諧謔趣味に富んだ漫遊紀、旅行記、温泉記を得意とする。2004年8月29日、神奈川・湯河原で永眠。
関連書籍
ページ上部へ戻る