タイトル 欧米人捕虜と赤十字活動
サブタイトル パラヴィチーニ博士の復権
刊行日 2006年1月10日
著者 大川四郎
定価 5,000 +税
ISBN 978-4-8460-0671-6
Cコード 0031
ページ数 247
判型 A5
製本 上製
内容
戦時中の欧米人捕虜虐待問題、最近の旧捕虜の賠償請求訴訟、戦争末期に生まれた“ナチスより残虐な日本”というイメージは、今日でも流布している。欧米の重要資料を初めて翻訳し、事実の解明と反論を試みた画期的な書。
著者紹介
大川四郎(おおかわ・しろう)
1959年、鹿児島県に生まれる。1984年、名古屋大学法学部政治学科卒業。1986年、同大学大学院法学研究科博士課程前期課程修了。1995年、スイス連邦ジュネーブ大学でDipl^ome d’ ´etudes sup´erieures en droit取得。2000年、愛知大学法学部助教授。専攻は西洋法制史。
関連書籍
ページ上部へ戻る