タイトル 歌謡曲が輝いていた時 昭和の作曲家20人100曲
刊行日 2020年2月13日
著者 塩澤実信
定価 2000+税
ISBN 978-4-8460-1913-6
Cコード 0095
ページ数 336
判型 四六
製本 並製
内容
昭和の作曲家20人の横顔と代表作5曲を紹介! 全100曲の昭和メロディが止まらない♪

古賀政男「悲しい酒」(美空ひばり)、服部良一「別れのブルース」(淡谷のり子)、古関裕而」「君の名は」(織井茂子)、渡久地政信「上海帰りのリル」(津村謙)、浜口庫之助「人生いろいろ」(島倉千代子)、吉田正「有楽町で逢いましょう」(フランク永井)、いずみたく「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)、中村八大「世界の国からこんにちは」(三波春夫)、船村徹「王将」(村田英雄)、遠藤実「北国の春」(千昌男)、市川昭介「涙の連絡船」(都はるみ)、鈴木淳「霧にむせぶ夜」(黒木憲)、平尾昌晃「わたしの城下町」(小柳ルミ子)、猪俣公章「港町ブルース」(森進一)、中村泰士「喝采」(ちあきなおみ)、筒美京平「男の子女の子」(郷ひろみ)、三木たかし「つぐない」(テレサ・テン)、浜圭介「雨の慕情」(八代亜紀)、弦哲也「天城越え」(石川さゆり)、都倉俊一「UFO」(ピンク・レディー)…本書で取り上げた作曲家20人とその1曲を並べれば上記のようになる(カッコ内は歌手名)。

昭和の大作曲家20人を厳選し、それぞれの素顔とプロフィールを、舞台裏もまじえて生き生きと伝え、一作曲家につき代表作5曲を歌詞とともに紹介。全100曲それぞれのエピソードも描く。元日本レコード大賞審査委員の著者が、昭和の歌を時代の香り豊かに紹介する本書は、誰もが口ずさみたくなる一冊。思い出の曲を作曲家から紹介する昭和歌謡史の決定版。
著者紹介
塩澤実信(しおざわ・みのぶ)

1930(昭和5)年、長野県生まれ。双葉社取締役編集局長をへて、東京大学新聞研究所講師等を歴任。日本ペンクラブ名誉会員。元日本レコード大賞審査員。

主な著書に『雑誌記者池島信平』(文藝春秋)、『ベストセラーの光と闇』(グリーンアロー出版社)、『動物と話せる男』(理論社)、『出版社大全』(論創社)、『ベストセラー作家 その運命を決めた一冊』『出版界おもしろ豆事典』『昭和歌謡100 名曲part.1〜5』『昭和の歌手100 列伝part1〜3』『昭和平成大相撲名力士100 列伝』『不滅の昭和歌謡』(以上北辰堂出版)、『昭和の流行歌物語』『昭和の戦時歌謡物語』『昭和のヒット歌謡物語』『この一曲に賭けた100人の歌手』『出版街放浪記』『我が人生の交遊録』(以上展望社)ほか多数。
目次
古賀政男(こが・まさお)
「影を慕いて」「誰か故郷を想わざる」「湯の町エレジー」「柔」「悲しい酒」

服部良一(はっとり・りょういち)
「別れのブルース」「蘇州夜曲」「夜のプラットホーム」「東京ブギウギ」「青い山脈」

古関裕而(こせき・ゆうじ)
「暁に祈る」「雨のオランダ坂」「フランチェスカの鐘」「イヨマンテの夜」「君の名は」

渡久地政信(とくち・まさのぶ)
「上海帰りのリル」「お富さん」「夜霧に消えたチャコ」「島のブルース」「池袋の夜」

浜口庫之助(はまぐち・くらのすけ)
「愛して愛して愛しちゃったのよ」「バラが咲いた」「恍惚のブルース」「夜霧よ今夜も有難う」
「人生いろいろ」

吉田 正(よしだ・ただし)
「異国の丘」「落葉しぐれ」「有楽町で逢いましょう」「誰よりも君を愛す」「いつでも夢を」

いずみたく
「夜明けのうた」「世界は二人のために」「恋の季節」「夜明けのスキャット」「いいじゃないの幸せならば」

中村八大(なかむら・はちだい)
「黒い花びら」「上を向いて歩こう」「明日があるさ」「帰ろかな」「世界の国からこんにちは」

船村 徹(ふなむえら・とおる)
「別れの一本杉」「王将」「矢切の渡し」「風雪ながれ旅」「みだれ髪」

遠藤 実(えんどう・みのる)
「からたち日記」「高校三年生」「星影のワルツ」「くちなしの花」「北国の春」

市川昭介(いちかわ・しょうすけ)
「涙を抱いた渡り鳥」「涙の連絡船」「夫婦春秋」「大阪しぐれ」「夫婦坂」

鈴木 淳(すずき・じゅん)
「小指の想い出」「霧にむせぶ夜」「雨に濡れた慕情」「四つのお願い」「なみだ恋」

平尾昌晃(ひらお・まさあき)
「ミヨちゃん」「霧の摩周湖」「わたしの城下町」「二人でお酒を」「カナダからの手紙」

猪俣公章(いのまた・こうしょう)
「女のためいき」「港町ブルース」「空港」「大阪ラプソディー」「あばれ太鼓」

中村泰士(なかむら・たいじ)
「今は幸せかい」「愛は傷つきやすく」「喝采」「わたしの青い鳥」「心のこり」

筒美京平(つつみ・きょうへい)
「ブルー・ライト・ヨコハマ」「男の子女の子」「木綿のハンカチーフ」「魅せられて」「ギンギラギンにさりげなく」

三木たかし(みき・たかし)
「夕月」「みずいろの手紙」「まわり道」「つぐない」「北の蛍」

浜 圭介(はま・けいすけ)
「終着駅」「折鶴」「雨の慕情」「望郷じょんがら」「北空港」

弦 哲也(げん・てつや)
「おゆき」「ふたり酒」「人生かくれんぼ」「天城越え」「北の旅人」

都倉俊一(とくら・しゅんいち)
「どうにもとまらない」「五番街のマリーへ」「ペッパー警部」「あずさ2号」「UFO」
関連書籍
ページ上部へ戻る