タイトル 歴史のなかの平家物語
刊行日 2012年7月30日
著者 大野順一
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-1157-4
Cコード 0095
ページ数 296
判型 四六
製本 上製
内容
いま平家物語は何を語るか? 王朝から中世へという「間」の時代の深層を、歴史と人間との関わりを通して思想史的に解明した斬新な平家論。
著者紹介
大野順一(おおの・じゅんいち)
1930年、東京に生まれる。1957年、明治大学大学院文学研究科修了。1971年から2001年まで明治大学文学部教授。専攻は中世文学、日本文芸思想史。著書に『詩と死と実存―日本文芸思想史研究』(角川書店、第5回茗水クラブ学術奨励賞)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る