タイトル 法華経の社会哲学
刊行日 2010年3月20日
著者 松岡幹夫
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-0800-0
Cコード 0012
ページ数 256
判型 四六
製本 並製
内容
仏典の中でも特別な地位を与えられ、猶且つ思想書=文学書でもある『法華経』の精髄を「すべてを生かす力」にあると洞察した著者がその理念を基に、「平和と共生」を模索する!
著者紹介
松岡幹夫(まつおか・みきお)
1962年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。現在、東日本国際大学・東洋思想研究所副所長。同大学客員教授。(財)東洋哲学研究所研究員。博士(学術)。専門は仏教思想論・日蓮研究・社会哲学。「仏教思想の現代化」をテーマに、幅広い分野で研究成果を発表している。
関連書籍
ページ上部へ戻る