タイトル 波瀾万丈の明治小説
刊行日 2018年6月8日
著者 杉原志啓
定価 2000+税
ISBN 978-4-8460-1690-6
Cコード 0095
ページ数 240
判型 四六
製本 並製
内容

 杉原志啓はポピュラー音楽の批評家として長年活動している。また同時に、大学で坂本多加雄に師事した日本近代思想史研究者でもあり、長年、大学でも講義を行っている。そして明治思想、文学についての著書も多数ある。  本書は西部邁・富岡幸一郎による雑誌『表現者』に連載した「明治の驚くほど面白い物語を読もう」がベースになっている。  「明治は遠くなりにけり」がまさに現実になっているが、2018年は明治150年。いまこそ明治の叡智に学び、物語を見直すときだ。そこには驚くほど魅力的な物語世界が繰り広げられている。現代文学の核を築いた明治物語をぜひ、この機会に本書を通して見直したい。そのための入門書としても、平易な表現で役立つように書かれている。著者は明治思想・政治にも詳しく、これらの背景とともに、現代に比較しつつ、本書に紹介されている物語を楽しんでほしい。
著者紹介
〈杉原志啓〉1951年山形県生まれ。学習院大学大学院政治学研究科博士課程修了。音楽評論家。学習院女子大学講師(日本政治思想史専攻)。著書に「蘇峰と『近世日本国民史』」など。
関連書籍
ページ上部へ戻る