タイトル 演劇思想の冒険
刊行日 1987年10月15日
著者 西堂行人
定価 2000+税
ISBN 9784846001469
Cコード
ページ数 294
判型 四六
製本 上製
品切れ
内容
今、劇場で何が起こっているのか!?
現代演劇のパラダイム変換を"アングラ演劇史"とアングラ演劇史もを含み込んだ明治以降の"近代演劇史"という二つの演劇史を重ね合わせて明らかにする!
著者紹介
一九五四年十月、東京・目黒区に生まれる。
一九七八年、早稲田大学文芸学部演劇科卒業。同年、同大学院文研演劇専修入学、中退。
一九七八年から演劇批評活動を始める。演劇批評誌「共創空間」を編集発行。一九八四年まで通算16号を刊行。
一九八五年より「THEATER BOOK」を共同編集。一九八七年までに3号を発行。
目次
PART•1 演劇思想の冒険
演劇思想の冒険
観客像の変貌
集団創造の過程

PART•2 もうひとつの演劇
舞台と客席の〈あいだ〉
演劇は変貌するか
演劇の近未来像etc.

PART•3 アングラ・パラダイムの成立と崩壊
演劇シーンの変容(1970〜1980)
アングラ・パラダイムの成立と崩壊
肉体から身体へ
関連書籍
ページ上部へ戻る