タイトル 演劇論の変貌
刊行日 2007年11月10日
著者 毛利三彌
定価 2,500+税
ISBN 978-4-8460-0630-3
Cコード 0074
ページ数 288
判型 四六
製本 上製
内容
世界を代表する演劇研究者たちが演劇の過去、現在、そして未来へと続く展望を集中的に論じた評論集の刊行。演劇研究の最前線が集約される。
著者紹介
毛利三彌(もうり・みつや)
成城大学文芸学部教授(演劇学)。1996‐99年および2002‐05年国際演劇学会理事、1996‐2005年度日本演劇学会会長(2011年当時)。
関連書籍
ページ上部へ戻る