タイトル 漱石文学の視界
刊行日 2016年2月15日
著者 有馬弘純
定価 2,800円+税
ISBN 978-4-8460-1480-3
Cコード 0095
ページ数 356
判型 四六
製本 上製
内容
漱石文学に半世紀にわたって呪縛されてきた筆者が、独自の視点から『三四郎』『明暗』『それから』を読み解く。巻末に書き下ろし「漱石文学の視界」を置いて全体を俯瞰する!
著者紹介
有馬弘純(ありま・ひろかず)
1937年、大阪市生まれ。早大文学部中退。1970年、別役実、喜多哲正らと同人誌「季刊評論」創刊。「幻化論(梅崎春夫)」、金鶴泳に関するエッセイや映画評論を発表。主な評論として「漱石、その現実と文学」、「事実の論理」などがある。「佐々木基一全集」の編集委員を務める。
関連書籍
ページ上部へ戻る