タイトル 灰色の女
刊行日 2008年2月25日
著者 A・M・ウィリアムスン 著/中島賢二 訳
定価 2,800 +税
ISBN 978-4-8460-0756-0
Cコード 0097
ページ数 472
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 73
内容
アモリー家に伝わる由緒ある屋敷、ローン・アベイ館。一族ゆかりの屋敷を下見に来たテレンスは、屋敷の時計塔で謎の美女コンスエロと出会う。婚約者ポーラよりもコンスエロの美しさに惹かれるテレンス。だが、それは次々と起こる奇怪な出来事の幕開けだった…。黒岩涙香が翻案し、その後、江戸川乱歩がリライトした傑作『幽霊塔』の原作をついに邦訳。
著者紹介
アリス・ミュリエル・ウィリアムスン 
1869〜1933年。イギリス生まれ。詳しい経歴は不明。多数の著書がある。アメリカ人チャールズ・ノリスと結婚した後は、主にミセス・C.N.ウィリアムスン名義で作品を発表、夫婦合作もある。

中島賢二(なかしま・けんじ) 
1941年、愛知県豊橋市に生まれる。1964年に東京大学教養学部卒業。
関連書籍
ページ上部へ戻る